22.6/15(水)川崎11R 関東オークス(JpnⅡ)【穴目の極み地方編】

南関競馬

昨夜の南関重賞のスパーキングスプリントではブログ馬が奮闘してくれて一安心であったが、本日の交流戦ダートグレードの関東オークスでも何とか妙味を狙いたい!

 

 

馬場の方は…

X

 

昨日から続く雨で、更に道悪は加速し川崎らしく前有利のマイペースで行ったもの勝ちの馬場となると読む。

 

 

〈2022年 関東オークス 追い切り考察〉



【砂の祭典の賢い活用術】

当ブログは運営の私、【浅井(おおきづダート)】が得意なダートレース贔屓の馬券購入スタイルの為ダートレースにとことんまでこだわり日々更新しております。

予想ブログ更新の際のテーマは‥

【馬券妙味のある穴目の相手候補】

をテーマに人気馬では無い
(1〜3番人気は極力避ける)
激走しそうな下地に根拠のある馬を一頭を毎回ピックアップしています。
その為軸としてのピックアップと言うよりは連系の相手、紐候補として皆様の馬券検討の際一考していただければと思っております。

【土日JRA開催時】

【穴目の極み】

※簡易版更新
各レース穴目の馬を馬番と馬名を一覧更新させて頂きます。
(考察や見解等は省略させて頂いていますがしっかりと予想根拠あっての推し馬なのでご安心下さい)

【穴目の極み2】

追加更新だけあり見解付きで更新させて頂いています。

【今日の渾身】

特に自信度や期待度の高いレース、ピックアップ馬に対してこの更新スタイルになります。

【平日の地方交流戦重賞】
【平日の南関更新】

交流戦重賞の更新となるとそうも行かないので地方交流戦重賞更新の際は1番人気以外から

【1番人気馬を負かせれる可能性のある馬】

を1頭ピックアップする方向で見解込みで更新して行きたいと思います。

※ブログ注目馬の結果、回顧は

土曜日曜分は翌週の週中にまとめてブログで
地方分はTwitter

にて、それぞれさせて頂いてます。

ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと押して応援してる宜しくお願いします。


中央競馬ランキング

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでこのブログにもう一度入って頂くとランキングが上がりますのでご協力お願いします)

〈浅井(おおきづダート)Twitter〉

[https://twitter.com/azaidirt?s=20:embed:cite]

〈浅井(競馬総合)Twitter〉

[https://twitter.com/azaiwest?s=20:embed:cite]

〈芝メインのブログ〉

[https://azai-keiba.com/:embed:cite]

 

 

■川崎11R 関東オークス JpnⅡ ダ2100

・10.ラブパイロー

 

追い切り考察でもブログ追い切り注目馬の1頭としてピックアップしているが、

オークスでの馬場入り後の一悶着など芝戦線へ行った際何かと話題には挙がった当馬であるが今回はブログ注目馬として推す!

 

未勝利勝ちの舞台は小回り福島のダ1700mで勝ちがりその後すぐ東京ダ1600mのOPのカトレアSへ挑戦の際は陣営も

「小回り向きであり今回ワンターンのどうか?」

と言っての先行しての殿負けは仕方なし、その後芝戦線へ矛先へ向けながらもずっと手応えを感じていたのか使い続けての芝三戦目となった三月末の中山のミモザ賞(1勝クラス・芝2000m)を重馬場の特殊な馬場状態の中マイペースに逃げて快勝しここの賞金でオークス(GⅠ)への出走にこぎ着けた訳ではあるが…。

 

未勝利勝ちのレース自体を振り返っても1キロ減の減量騎手起用で単騎逃げから押し切った感じとは言え福島ダ1700mを稍重で2歳の11月に1.47.1で走破し2着馬に二馬身半と充分な内容で決して低レベル戦ではなく、時計面でも水準以上であり

その舞台で今回人気の一角となりそうなグランブリッジ(更に3キロ減器用)

3着で着差にして10馬身半分はその当時で着差を付けて勝っている点は割と盲点となっているのは事実。

 

 

本来は血統を見ても父パイロであり新馬からダート戦使っているように完全にダート馬のそれであり、

今回ダート戦に戻って来る事は大歓迎!

 

芝でもダートでもワンペースでバテない走りであった訳で、小回り向きであり今回の川崎の舞台も向くと見る。

 

芝で勝利したミモザ賞の走りを見返して貰えばわかるようにマイペースの逃げから4コーナーで周りとペースを合わせてピッチを上げ直線へ向き坂を登ってから並ばれるシーンがあったものの二枚腰で更に渋とく伸びる。

今回もあわよくばこの競馬が理想か?

 

鞍上も川崎の勝手知る山崎騎手を手配しかなり勝負気配ながら三冠達成を目指す馬やJRA他馬へ人気が向き完全に人気的には伏兵扱いとなりそうで、

馬券妙味も存分にあるが、能力的には上位とそこまで差は無し!

 

この馬自体も芝戦線で決して温い相手と闘って来た訳ではないので2歳時のカトレア賞の頃とは訳が違いかなり成長していると睨む!

 

血統通りダートで巻き返しを!

 

一発お願いします!!

 

 

金曜辺りまでに今週末のユニコーンS(GⅢ)の追い切りについて短くも更新する予定でいますのでお楽しみに!

〈2022年 ユニコーンS(GⅢ)追い切り〉

更新済

22.6/15(水)川崎11R 関東オークス(JpnⅡ)【穴目の極み地方編】

南関競馬

昨夜の南関重賞のスパーキングスプリントではブログ馬が奮闘してくれて一安心であったが、本日の交流戦ダートグレードの関東オークスでも何とか妙味を狙いたい!

 

 

馬場の方は…

X

 

昨日から続く雨で、更に道悪は加速し川崎らしく前有利のマイペースで行ったもの勝ちの馬場となると読む。

 

 

〈2022年 関東オークス 追い切り考察〉



【砂の祭典の賢い活用術】

当ブログは運営の私、【浅井(おおきづダート)】が得意なダートレース贔屓の馬券購入スタイルの為ダートレースにとことんまでこだわり日々更新しております。

予想ブログ更新の際のテーマは‥

【馬券妙味のある穴目の相手候補】

をテーマに人気馬では無い
(1〜3番人気は極力避ける)
激走しそうな下地に根拠のある馬を一頭を毎回ピックアップしています。
その為軸としてのピックアップと言うよりは連系の相手、紐候補として皆様の馬券検討の際一考していただければと思っております。

【土日JRA開催時】

【穴目の極み】

※簡易版更新
各レース穴目の馬を馬番と馬名を一覧更新させて頂きます。
(考察や見解等は省略させて頂いていますがしっかりと予想根拠あっての推し馬なのでご安心下さい)

【穴目の極み2】

追加更新だけあり見解付きで更新させて頂いています。

【今日の渾身】

特に自信度や期待度の高いレース、ピックアップ馬に対してこの更新スタイルになります。

【平日の地方交流戦重賞】
【平日の南関更新】

交流戦重賞の更新となるとそうも行かないので地方交流戦重賞更新の際は1番人気以外から

【1番人気馬を負かせれる可能性のある馬】

を1頭ピックアップする方向で見解込みで更新して行きたいと思います。

※ブログ注目馬の結果、回顧は

土曜日曜分は翌週の週中にまとめてブログで
地方分はTwitter

にて、それぞれさせて頂いてます。

ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと押して応援してる宜しくお願いします。


中央競馬ランキング

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでこのブログにもう一度入って頂くとランキングが上がりますのでご協力お願いします)

〈浅井(おおきづダート)Twitter〉

[https://twitter.com/azaidirt?s=20:embed:cite]

〈浅井(競馬総合)Twitter〉

[https://twitter.com/azaiwest?s=20:embed:cite]

〈芝メインのブログ〉

[https://azai-keiba.com/:embed:cite]

 

 

■川崎11R 関東オークス JpnⅡ ダ2100

・10.ラブパイロー

 

追い切り考察でもブログ追い切り注目馬の1頭としてピックアップしているが、

オークスでの馬場入り後の一悶着など芝戦線へ行った際何かと話題には挙がった当馬であるが今回はブログ注目馬として推す!

 

未勝利勝ちの舞台は小回り福島のダ1700mで勝ちがりその後すぐ東京ダ1600mのOPのカトレアSへ挑戦の際は陣営も

「小回り向きであり今回ワンターンのどうか?」

と言っての先行しての殿負けは仕方なし、その後芝戦線へ矛先へ向けながらもずっと手応えを感じていたのか使い続けての芝三戦目となった三月末の中山のミモザ賞(1勝クラス・芝2000m)を重馬場の特殊な馬場状態の中マイペースに逃げて快勝しここの賞金でオークス(GⅠ)への出走にこぎ着けた訳ではあるが…。

 

未勝利勝ちのレース自体を振り返っても1キロ減の減量騎手起用で単騎逃げから押し切った感じとは言え福島ダ1700mを稍重で2歳の11月に1.47.1で走破し2着馬に二馬身半と充分な内容で決して低レベル戦ではなく、時計面でも水準以上であり

その舞台で今回人気の一角となりそうなグランブリッジ(更に3キロ減器用)

3着で着差にして10馬身半分はその当時で着差を付けて勝っている点は割と盲点となっているのは事実。

 

 

本来は血統を見ても父パイロであり新馬からダート戦使っているように完全にダート馬のそれであり、

今回ダート戦に戻って来る事は大歓迎!

 

芝でもダートでもワンペースでバテない走りであった訳で、小回り向きであり今回の川崎の舞台も向くと見る。

 

芝で勝利したミモザ賞の走りを見返して貰えばわかるようにマイペースの逃げから4コーナーで周りとペースを合わせてピッチを上げ直線へ向き坂を登ってから並ばれるシーンがあったものの二枚腰で更に渋とく伸びる。

今回もあわよくばこの競馬が理想か?

 

鞍上も川崎の勝手知る山崎騎手を手配しかなり勝負気配ながら三冠達成を目指す馬やJRA他馬へ人気が向き完全に人気的には伏兵扱いとなりそうで、

馬券妙味も存分にあるが、能力的には上位とそこまで差は無し!

 

この馬自体も芝戦線で決して温い相手と闘って来た訳ではないので2歳時のカトレア賞の頃とは訳が違いかなり成長していると睨む!

 

血統通りダートで巻き返しを!

 

一発お願いします!!

 

 

金曜辺りまでに今週末のユニコーンS(GⅢ)の追い切りについて短くも更新する予定でいますのでお楽しみに!

〈2022年 ユニコーンS(GⅢ)追い切り〉

更新済

タイトルとURLをコピーしました