2022 船橋 若潮スプリント SⅢ 追い切り

南関東競馬

ダート専門無料ブログがお届けする2022年5月3日(火)の船橋11R若潮スプリント(SⅢ・ダ1200m)の追い切り更新ブログとなります!

 

※なおレース発走時間はナイター開催の為20:05となっております

当ブログ【砂の祭典】はダート専門ブログであり、2022年のゴールデンウィーク期間の地方競馬の追い切り更新は

・5/3(祝火) 名古屋 かきつばた記念(JpnⅢ)【日中発走】

・5/3(祝火) 船橋 若潮スプリント(SⅢ)【ナイター発走】

・5/4(祝水) 園田 兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ)【日中発走】

・5/4(祝水)船橋 東京湾カップ(SⅡ)【ナイター発走】

・5/5(祝木)船橋 かしわ記念(JpnⅠ)

 

の地方競馬で行われるレースを追い切りブログを徹底更新致します!

 

出走予定馬

 

・ 1.ランディスシティ牡3  笹川 56

・ 2.ヒストリックノヴァ 牝3  矢野 55

・ 3.シャインポラリス 牝3  岡村健 54

・ 4.エスポワールガイ 牡3  石崎駿 56

・ 5.スティールルージュ 牝3  本橋 55

・ 6.エルロイ 牡3  酒井忍 56

・ 7.クラサーベル 牡3  山崎誠 57

・ 8.グレンノハナ 牝3  山中 54

・ 9.ジェルジオ 牡3  増田 56

・10.カプティフ 牡3  藤本 57

・11.スタースタイル 牝3  森 54

以上となっております。

 

門別時代含め重賞3勝のスティールルージュ、2着馬を4.1秒千切った衝撃の新馬戦から未だに連対を外していないランディスシティ、

エーデルワイス賞(JpnⅢ)2着、東京2歳優駿牝馬(SⅠ)2着のヒストリックノヴァ、

に短距離路線からグレンノハナ、スタースタイル、エスポワールガイ、クラサーベル、カプティフ、シャインポラリスなど中々骨っぽいメンバーが集結で楽しみな一戦となった。

 

2022年度のこのレースの2着馬までは6月28日の大井での優駿スプリントへの優先出走権、そして勝ち馬には7月26日の古馬戦の習志野きらっとスプリント(SⅠ)の優先出走権が与えられる南関東の短距離路線で重要な一戦となる。

近年は南関東は3歳の短距離路線も随分路線整備が進んでおり、

この若潮スプリント自体は創設は2019年と新しいレースではあるが過去にはこのレースの勝ち馬からはカプリフレイバーが優駿スプリントを制しており優駿スプリントへの大切なステップレースとも言える。

 

今回も個人的に気になった各馬の縦の比較を中心に、
中間の調整や臨戦過程を考慮しつつ
いつもと変わらずブログ追い切り注目馬を数頭ピックアップしていく更新スタイルです。

 



ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援ポチっと押して応援してる宜しくお願いします。


中央競馬ランキング

(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでこのブログにもう一度入って頂くとランキングが上がりますのでご協力お願いします)

〈浅井(おおきづダート)Twitter〉

[https://twitter.com/azaidirt?s=20:embed:cite]

〈浅井(競馬総合)Twitter〉

[https://twitter.com/azaiwest?s=20:embed:cite]

〈芝メインのブログ〉
[https://azai-keiba.com/:embed:cite]

 

 

ブログ追い切り注目馬ピックアップ

 

※実績、能力、適性よりも追い切り更新なので各馬自身の過去との縦の比較に重点置いております

 

・1.ランディスシティ

 

 

休み明けでの前走の準重賞のブルーバードカップ2着時の中間は馬なり続きながら熱心に乗り込んでおり、

今回は時計を出す追い切りは間隔からも馬なり一本のみながらも大井外回りコースで64.6-51.9-38.2ならば十分及第点の時計と言え休み明けをひと叩きし前進の気配は感じる。

そもそも前走時の中間では森下調教師が「既に一週前に仕上がっている」と強気の発言だったものの1700mへ距離を伸ばし連対も勝ち馬に1.2秒差6馬身も離されたのでクラシック路線よりは底の見せていない短距離路線を歩むのは楽しみでもある。

圧倒的な4.1秒差2着馬に差を付けた新馬勝ちの舞台は1400mであった訳でこの距離でも十分に対応可能と見るのが妥当か。

大変楽しみな一頭。

 

 

・4.エスポワールガイ

 

 

短期放牧でひと息入れた後ではあるが一週前からかなり強めに追われておりしっかりの乗り込まてる印象を受ける。

最終追い切りも良馬場の大井外回りコースで37.2秒と脚を伸ばせているのなら休み明けは感じさせられない。

デビュー戦からスタートに不安はあったが前走は大井マイルとは言えホライゾネットを付けたらスタートは改善、継続着用なら追い切りの動きからも通用しても不思議ではない。

 

 

・5.スティールルージュ

 

 

門別時代は1000m〜1200mをメインにしており、南関東転入後もマイルより距離を短縮した方が安定した走りを見せている事を考えると張田調教師が「距離も問題ない」とコメントしている理由も頷けれる。

最後の直線でごちゃつき7着に終わった浦和での桜花賞時にビッシリと追い切っていたので···

〈前走時中間のブログ更新〉

今回は時計を出す追い切りは馬なり一本のみではあるが今回同レース出走の7.クラサーベルと併走して最後0.1秒先着しラストは37.3秒にまとめており前走の反動は無さそう。

 

追い切りは一本のみとは言え決して軽視してはいけない一頭と見る。

 

 

・7.クラサーベル

 

 

前述の5.スティールルージュの欄の通り最終追い切りは0.1秒の遅れをとったが前走時の追い切り時計を考えると今回時計を出す追い切りはこの併せ馬一本のみとは言え上昇度は大きい。

内から喰らいついて併せ馬の相手の力を考えると十分過ぎる内容と言える。

追い切りの動き自体は4着だった3月の船橋の弥生スプリント時が一番乗り込めた上に調教時計も出ていたが今回はその時と同水準くらいのデキはあると見る。

北海道の「クラ」冠でお馴染みの倉見牧場の期待馬がここで大仕事の可能性もあり。

 

 

・8.グレンノハナ

 

 

前走勝利の3月23日の船橋の弥生スプリントから間隔は開いたがしっかりと乗り込んで来た印象。

最終追い切りとなった4/29の船橋外回りにて同厩の3.シャインポラリスとの

一杯同士の併せ馬で0.6秒差と千切り先着した点は大きく評価して良さそう!

 

休み明けで重賞となりメンバーレベルは上がるが追い切り時計を見る感じとしては好勝負可能の良いデキと見て良さそう。

 

 

・11.スタースタイル

 

 

初の大井以外への出走となるが前走後からここへ向けてしっかりと調整された模様。

前走もハナ差2着とほぼ内容は勝ちに等しい走りであり

前走後からしっかりと乗り込み本数も多く、馬なり続きとは言え時計面平凡も軽めに追ってこのデキなら勝負圏内に加われても不思議ではない。

過去二戦手綱をとったこの馬を知る森泰斗騎手へ戻るのもプラスと出そう。

 

以上がブログ追い切り注目馬となります!!

 

レース当日は名古屋のかきつばた記念(JpnⅢ)と昼、夜で開催が被るのでこのレースのブログ更新出来るか微妙ではありますが時間的な余裕があり出来るなら更新したいと思います。

【追記】前日夜に事前更新済

 

 

【5/3(祝火)名古屋 かきつばた記念(JpnⅢ)追い切り詳細】

同日開催の昼間はこちらのレースから

今回もダート専門ブログらしくかなり入念に書き上げております、水曜の兵庫CS.木曜のかしわ記念も順次公開予定です!

2022 名古屋 かきつばた記念 JpnⅢ 追い切り
ダート専門無料ブログの2022年かきつばた記念各馬詳細追い切り考察

 

【翌日】

昼開催

〈5/4(祝水)兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ)追い切りこちらから〉

 

ナイター開催

〈5/4(祝水)船橋11R東京湾カップ(SⅡ)追い切りこちらから〉

 

〈5/5(祝木)船橋 かしわ記念(JpnⅠ)詳細追い切りこちらから〉

2022 船橋 かしわ記念 JpnⅠ 詳細追い切り考察
ダート専門無料ブログの2022年かしわ記念徹底詳細追い切り考察【調教】

 

タイトルとURLをコピーしました