ホープフルS.ベテルギウスS追い切り考察など【今週末の注目レース】

今週末芝注目レース追い切り考察など

12/28(木)ホープフルS開催日の事前更新分となります。

 

時間的な関係で簡易的な更新となりますのでご了承下さい。

 

(折角芝ブログと統合しましたし芝レースで似たような追い切りも軽く触れる事前更新もしてのありますし芝重賞をもっととりあげないとなと言う気持ちもありすのでサラッとでも毎週芝重賞をとりあげての事前更新となります)

 

〈先週のブログ注目馬結果詳細〉

 

ブログランキングに参加してるので運営モチベーション維持の為各応援クリックを押して応援してる宜しくお願いします。【所要時間約10秒で済みます】
↓↓


中央競馬ランキング
↑↑
(ブログランクを押し暫く下にスクロールすると画面上部に【砂の祭典】の現在の順位とアイコン画像が表示されるのでそこを押して頂くと
現在順位に飛べるのでこのブログにもう一度入って頂くとランキングが上がりますのでご協力お願いします)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

【浅井(おおきづダート)X(旧Twitter)】

https://twitter.com/azaikeiba/status/1609297169198239744?t=wQimbkQ0uqtzWD6glZr-0Q&s=19

 

 

 

 

 

 

2023 ホープフルS(GⅠ) ベテルギウスS(L) 追い切り考察含む雑記

 

 

 

 

 

 

12/28(木) 中山 ホープフルS GⅠ

 

 

 

 

例年の事ではあるがキャリア薄の2歳馬が集まる中距離戦となり難解な1戦ではあるが…

今年はサウジアラビアロイヤルカップの1.ゴンバデカーブース

京都2歳Sの勝ち馬6.シンエペラーと2頭の勝ち馬が参戦。

 

東スポ2歳Sの勝ち馬のシュトラウスもこちらに回って来てくれればある程度比較はついたが朝日杯に回ったので更に混沌としている印象。

 

 

 

追い切りからは…

 

 

・1.ゴンバデカーブース

 

調教後の馬体重が前走後と比較して20キロ以上増えているみたいではあるが…

それでも今回の中間はかなり負荷を掛けて乗り込まれる。

1週前追い切りはムーア騎手騎乗して美浦南Wコースでサトノガレオン(古馬1勝クラス)と併せ馬で

4ハロン全体時計 50.3秒

ラスト2ハロン 23.2秒-11.5秒

(11.7秒-11.5秒)

と馬場中央付近を回って来たものだが終いを追ってしっかり加速ラップを踏みながら年長馬と同入。

 

最終追い切りは美浦南Wコースでまたもサトノガレオンと併せて

4ハロン全体時計 50.9秒

ラスト2ハロン23.8秒-11.9秒

(11.9秒-11.9秒)

としっかりと脚を使って離れた位置から追走し0.4秒ほど先着。

古馬相手にこれだけ時計を出してしっかり先着しており後の課題は2000mこなせるかどうかでは?

 

 

 

・4.アドミラルシップ

 

全兄にブラックホール、半姉にライラックがいる血統。

1週前追い切りは石川騎手がのったのもあるが美浦南Wコースで同じ2歳馬同士と併せ馬ひ終い重点でラスト1ハロン11.1秒をマーク。

その前の水曜追いでドイル騎手が乗り美浦南Wコースで4ハロン全体時計50.5秒 ラスト11.4秒マークし速い時計を出し古馬準OPのセイカフォルゴーレを0.8秒ほど先着してるのもあり1週前の日曜追いは終い重点に留めたものと思われる。

最終追い切りは横山琉騎手が跨り美浦南Wコースで2歳馬同士に併せて4ハロン全体時計52.6秒 ラスト1ハロン11.5秒と続けて速めの時計も出しておりキャリア1戦馬ながらもこれだけ動けているのなら上々と見る。

 

 

 

・6.シンエンペラー

 

 

先週の水曜先々週の日曜と栗東CWでしっかりと負荷を掛けて速い時計で追ったのもあり

最終追い切りは輸送考慮して栗東坂路でさらっと馬なりで流した程度ではあるが…

水曜の追い切りがホウオウアマゾンを追走する形で併せ馬してラスト11.8秒の脚を使い0.1秒程先着しているので状態自体は良いものと見る。

 

全兄は凱旋門賞馬ソットサスであるが父Siyouni(シユーニ)母父Galileo(ガリレオ)で欧州血統でありながらも前走は京都の2000mであれだけの切れ味が出せたのは興味深い。

シユーニ自体は欧州では速い時計の馬場に向くとは言われてはいたがあくまでも欧州基準の話しで日本の芝への適性はどうか?とは思ってはいたが…

日本で調教されてこちら仕様で馬造りされるとある程度こなせるとは認識しておく必要はありそうだ…。

 

 

 

・9.タリフライン

 

美浦南Wコースでのコース追いと坂路との併用でしっかりと追い切られており、

新馬戦デビュー前よりは負荷を掛けられた印象で最終追い切りも4ハロン全体時計51.5秒と纏めている辺り一度使って良化の気配を感じる。

 

 

 

・13.レガレイラ

 

母がロカなのもあり速い時期から動けるタイプなのかも知れないが…

1週間前追い切りは古馬1勝クラスのティファニードンナと併せて美浦南Wコースで4ハロン全体時計51.8秒 ラストは11.1秒と馬場の中央付近回したものとは言え、

この時期の牝馬と思える伸びを見せつけて追い切り面から見ると無視出来ない存在。

2歳のデビュー前の函館滞在時から函館のWコースや本馬場での芝コースで好時計をマークしていただけに追い切りは動く方ではあるが追い切り面は良い。

 

 

 

・15.ウインマクシマム

 

水曜、日曜追いともに松岡騎手が付きっきりで追い切りに跨る。

わざわざJRAの開催ありながらも日曜早朝に美浦南Wコースで松岡騎手が跨った際は

4ハロン全体時計52.3秒 ラスト2ハロン22.7秒-11.0秒(11.7秒-11.0秒)と馬場中央付近ながらも豪快に伸びており軽視出来ない!

 

 

 

以上が追い切りで気になった馬ではあるが…

その他は…

 

・5.サンライズジパング

 

は東京大賞典前のノットゥルノと併せていたのでそちらでも触れたが…

(秋からノットゥルノと併せ馬する事が多い)

追い切りの首の使い方や動き方を見るとまだまだ幼さこそ感じるが追い切りは動く。

 

 

・18.ミスタージーティー

 

デビュー戦の京都の2000m戦は現地で馬体含めて見ていたがポテンシャルは評価しており、

今回の追い切りは1週前追い切りの栗東CWで4ハロン全体時計52.3秒 ラスト2ハロン23.2秒-11.6秒(11.6秒-11.6秒)と好時計マークししっかりとラスト11秒代で持続した脚が使えている。

そこから輸送考慮してソフトな追い切りで済ましており輸送さえ上手くいけばポテンシャルの片鱗位は見れるのでは?とは感じる。

 

 

 

時間的な関係でやや簡易的な更新ではありますが…

ホープフルSの事前更新分は以上となります!レース当日はいつも通りレースブログ更新しますのでお楽しみに!

〈こちらで更新済み〉

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

12/28(木) ベテルギウスS L 

 

 

 

登録時点は16頭であったが1頭回避馬出て15頭立てとなる。

時間的な関係でかなり簡易的な更新です。

 

 

追い切りで気になったのは…

 

 

・3.ハイエンド

 

前走の11/26の京都のカノープスSは休み明けで坂路2回走りなど挟んで休み明け感あったが1度使って今回は速い時計を出すのは栗東CWのコース追いへ切り替えて来た。

最終追い切りもしっかりとラスト11.7秒出しており叩いた効果はありそう。

前走時はプラス16キロだった馬体が絞れて来たら。

 

 

 

・4.トウセツ

 

ダンカーク産駒なのもあり追い切り自体は地味なタイプながらも先週の栗東CWでの2歳新馬との併せ馬でクビ差遅れたとは言えラストは11.8秒とこの馬としては時計は出ている点は覚えておきたい。

 

 

 

・5.ミッキーヌチバナ

 

 

今回もいつも通りの栗東Bコース(ダート)でのコース追いと最終追い切りはポリトラック追いとこの馬のほぼいつもの調教パターンで馬なりで水準以上の時計は出す。

今回は昇級初戦となるが状態自体は良さそうだ。

 

 

 

・7.ホウオウルバン

 

前走は休み明けで1戦で追い切りもかなり重たく時計は出ていなかったが今回ローテーションは詰まるがプール調教を挟みながらもコース追いでは終いの時計は良化。

一度使った上積みは大きそう。

長距離輸送も課題とはなるが…上手くクリア出来れば。

 

 

 

・10.ハピ

 

 

この秋はみやこSへ向けて調整はされていたが爪の不安で回避し再び放牧に出されるなどひと頓挫はあったが…

頓挫明けとは言え今回追い切り時計は栗東CWで好時計をマークしており結構負荷を掛けられて続けて追われており爪の不安は大丈夫そうだ。

 

 

 

・15.ペプチドナイル

 

この秋は夏の北海道後ひと息入れてからみやこS、カノープスSと詰めて使われてはいるもののしっかりと強い調教は積んでおり好調状態はキープしていると見て良さそう。

着順には繋がってはないものの今年の夏は北海道で詰めて使われエルムSは不良馬場で失速したとは言えしっかりと結果は出せており軽視するのは危険と判断する。

 

 

 

 

やや簡易的な更新で申し訳ないです!

ベテルギウスSもレース当日はいつも通りレースブログ更新しますのでお楽しみに!

〈こちらで更新済み〉

 

 

12/29(金) 大井 東京大賞典 GⅠ 全頭追い切り考察

 

東京大賞典(GⅠ)分の全頭追い切り考察の更新分となります!

今年もこちらにて入念に書き上げております

 

 

砂の祭典 種牡馬更新

 

NEWニューイヤーズデイ産駒特徴更新

NEW〈マインドユアビスケッツ産駒特徴更新〉

いきなり初年度産駒からデルマソトガケを輩出したマインドユアビスケッツの詳細更新

〈2023年産駒デビュー種牡馬スワーヴリチャード、ブリックスアンドモルタル、レイデオロ〉

.

タイトルとURLをコピーしました